addictedtosorrow

哀愁ある音楽を曲単位で紹介していきます。ロックミュージック多めです。

夏の前日 - たま

夏の前日 - たま (1992)
youtu.be

日本のフォーク、サイケデリック・ポップバンド。4枚目のアルバム"犬の約束"収録。
たまはメンバー4人それぞれがボーカルをとります。この曲はベースの滝本晃司がボーカル。
滝本さんの曲は例外なく哀愁あります。

犬の約束

犬の約束

The Deepest Hole - Nasum

The Deepest Hole - Nasum (2004)

スウェーデングラインドコアバンド。4thアルバム"Shift"から。
激しいビートとディストーションギターが畳み掛ける中、0:30からふと訪れる哀愁。
イントロも爽やか目でグラインドコア特有の暴力性は薄い印象。気持ちよくシュッと聴ける一曲。

シフト

シフト

Heather - Billy Cobham

Heather - Billy Cobham (1974)

フュージョンドラマー、ビリー・コブハムの2ndアルバム"Crosswinds"から。
曲全体通して幻想的な雰囲気ですが、1:07からのキーボードのメロディが哀愁。悲しげですが、どこか癒されるような感じ。

Heather

Heather

Crosswinds by BILLY COBHAM

Crosswinds by BILLY COBHAM

I'm Sad For You - Neil Perry

I'm Sad For You - Neil Perry (1999)

アメリカはニュージャージーの激情ハードコアバンド。セルフタイトルの7インチから。

ギターの悲しげなアルペジオとひたすら泣き叫び続けるボーカルのみの曲。

Lineage Situation

Lineage Situation

Winter Is Coming Soon - Veil Of Maya

Winter Is Coming Soon - Veil Of Maya (2012)

アメリカはシカゴのデスコア・ジェントバンド。4thアルバム"Eclipse"から。

0:18からのギターリフが哀愁。

Winter Is Coming Soon

Winter Is Coming Soon

  • Veil of Maya
  • メタル
  • ¥250

Eclipse

Eclipse

Fantastic future - 田村ゆかり

Fantastic future / 田村ゆかり (2013)

声優田村ゆかりの23枚目のシングル。10thアルバム"螺旋の果実"収録。

多幸感たっぷりだけど、どこか切ない感じ。
アニメソング特有の哀愁という感じがしています。

Fantastic future

Fantastic future

螺旋の果実

螺旋の果実

黄金の月 - スガシカオ

黄金の月 - スガシカオ (1997)

日本のシンガーソングライター、スガシカオの2ndシングル。1stアルバム"Clover"収録。

心地よいファンクサウンドに穏やかなメロディ。

黄金の月

黄金の月

  • スガ シカオ
  • ポップ
  • ¥250

CLOVER

CLOVER